前へ
次へ

税理士の資格について

税理士という資格があります。この仕事は税金の申告の代理を行ったり税務署に提出をする書類の作成を行う税務書類の作成を行ったり、この他には税制相談などを行っています。このようなことが主な仕事となっていますが、この他には会計帳簿の記帳など事務の代行も行っています。これらの仕事以外にも、経営の問題や財産運用、また相続などの顧客のことに関する相談を受けたりして、個人や中小企業の相談相手としての役割が大きくなってきています。基本的に税理士の資格を持っているという人は、納税者と契約を結んで業務を行います。その顧問先の多くは、個人や中小企業などの法人となっています。現在税理士として登録を行っている人は全国で約6万人となっています。

top用置換

top用置換2
Page Top